top of page
  • 執筆者の写真KEN H.

重要なのは、何かを選ぶこと


 

先日、アカデミー会員さんに「とても面白い本があるよ」ということで1冊の本を紹介いただきました。

 

それは、中国料理シェフ・脇屋友詞さんの著書「厨房の哲学者」です。

 


 

この本の中には、脇屋シェフが今の地位に至るまでに、どのような努力、葛藤、チャレンジ、悩みがあったのかが詳細に書かれており大変興味深く読ませていただきました。

 

その中で、本当に心に刺さった言葉があります。それは、

 

「何を選ぶかではない、重要なのは、何かを選ぶことだ。僕が苦しかったのは何も選んでいなかったからだ」

 

本当に心に刺さりました。

 

僕の話で申し訳ありませんが、僕は2023年の3月で15年続けていた塾業を引退しました。

 

引退したことについては、「やりきった」という思いが強いので、一切の後悔はありません。

 

でも、「次、何をしようか」については本当に悩みました。これについては、「塾を閉める」と決めたときから悩んでいたので、1年ぐらいは「あーでもない、こーでもない」と考えていました。正直、とても苦しかったです。

 

皆さんからすると、「FXで稼げるからいいじゃん」と思うかもしれませんが、社会とのつながりを断ち、投資だけで生活をする「虚しさ」や「辛さ」「寂しさ」を僕は経験していますので、やはり、投資は投資で脇において、社会とのつながりは大切にしたいと思うんです。そこがなくなれば人間、もの凄いスピードで腐っていくんです(笑)

 

何度も言いますが、僕は、「何をしようか」と悩んでいる1年間、本当にしんどかったです。

 

でも、覚悟を決めて、「YOUTUBEの世界に行くぞ」「FXアカデミーをつくるぞ」と選んだとき、その苦しさは消え、情熱と日々の充実感を感じられるようになりました。

 

塾業界にいたときもそうです。

 

子どもたちは中3、高3の時に進路に迷います。

 

面白いことに、迷っている時は、やはり勉強に身が入らないんです。でも、志望校を決定し、覚悟したら人が変わったように勉強し始めるんですよね。

 

「重要なことは何かを選ぶこと」

 

実際のところ、何を選んでも、どの道にいっても、結果を出す人は出すんですよね。だから、「どの道を選択したら、良い結果になるのか?」など考えることは時間の無駄でしかないんですよね。

 

そして、覚悟して決めれば、たいていのことは楽しくなり、上手くいくんです。それが「今を生きる」ってことだと僕は思います。

 

この本を読んで改めて気付かされました。

 

トレードも同じかもしれませんね。

 

「どのトレードスタイルでやろうか」「もっと他に良い方法があるのではないか?」と悩んでいる時は苦しいんです。

 

でも、スタイルを決めて、覚悟して、それだけに注力することを選べば、目の前から苦しみは消えるんです。

 

人生って実は「決める」だけなんだな~と改めて勉強させていただきました。

 

本当にありがとうございます。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

終値の重要性

こんにちは。KENZOです。 今日、日経平均株価が最高値を更新しました。しかし、日本の物価変動を加味した実質賃金は軒並み減少です。 経済というのは、やはりマクロでみるべきで、やはり、少数の企業が価格を吊り上げる平均ではなく、日経、給与所得の中央値も見ながら判断しないといけませんね。 さて、今日は「終値の重要性」についてお話をしたいと思います。 アカデミーにご入会頂いた方をお話をしていると、「終値」

2000年~3000年の地球とは?

今日は中川昌蔵さんの「運命の法則」という本からこれから1000年かけて地球はどのように変化をしていくのかを紹介します。 僕は20代半ばぐらいからスピリチュアルの本を読み漁りました。今となっては、スピリチュアルという言葉が浸透していますが、当時は本屋にいっても宗教コーナーの一部にポツンと置かれている程度でした。 しかし、色々読んでいくと、スピリチュアルマスターたちが共通して「地球は黄金期に入る」とい

投資家は、なぜ真実を知る必要があるのか?

こんにちは。KENZOです。 今月8日に「プーチン大統領とタッカーカールソン」のインタビューが世界で公開されて以降、日本のメディアが必死になってプーチン叩きをやっているようです。西側諸国が知られたくないことが、たくさんありましたから当然です(^^♪ 僕は「信じる」という言葉が大嫌いです。ただし、親友を信じるなどの「信じる」は別です。 「信じる」という言葉は、つまり、「知らない」とイコールです。「テ

bottom of page