top of page
  • 執筆者の写真KEN H.

情報の遮断で能力が開花する?


 村上春樹の「ノルウェーの森」という小説の中にこのような一説があります。

 

“”僕がまだ若く、その記憶がずっと鮮明だったころ、僕は直子について一行たりとも書くことが出来なかった。

 

結局のところ、文章という不完全な容器に盛ることが出来るのは、不完全な記憶や不完全な思いでしかないのだ。

 

そして、直子に関する記憶が僕の中で薄らいでいけばいくほど、僕はより深く彼女を理解することが出来るようになった“”

 

人間はよりリアルになればなるほど、想像力(創造力)を失うのではないでしょうか?

 

僕は最近、スマートテレビを購入しました。

 

スマートテレビでは、YOUTUBE、ネットフリックス、アマゾンプライムと色々なコンテンツを簡単に楽しめちゃうので、子どもたちは大興奮です(笑)

 

特に僕が普段から見ているYOUTUBEは4K映像の海外お散歩動画です。

 

これは普段からスマホでみていましたが、テレビでみるとさらにリアルを感じてしまいますね。

 

本当に、映像や音声を含め、まさにそこにいるかのような錯覚に陥ります。

 

でも、そのリアルが、残念なことに、僕の「ワクワク感」をそぎ落とし、そこに「行きたい」という気持ちを奪っていくんです。

 

情報が乏しく、未体験の方がなぜか「ワクワク」するんですよね。そうです、旅行前のあの感じです(笑)

 

最近の、若い子たちは何でもリアルになり過ぎているかもしれません。

 

今の40代以上の年代の人間は情報が乏しくリアルじゃなかった。

 

だから、勝手に、誰かにあこがれたり、旅行、仕事、恋愛などの良い部分だけを想像し、その体験を心底求めました。

 

だからこそ、活力があったし、夢もありました。

 

僕は情報というのは便利な道具ですが、多すぎると意識が漏れて、人間のエネルギーをそぎ落とす側面もあると思います。

 

お金はエネルギーという言葉もあるように、エネルギー漏れは、僕たちの人生を輝かすことはできません。

 

実際、これだけ情報量が増えたのに経済はよくなっていないんですよね。

 

そして、あらゆることが合理的になり、余白がなくなり、閉塞感を感じる。

 

僕は「余白=豊かさ」だと思うんです。

 

時間の余白があるからこそ、心を落ち着かせられる。

 

空間の余白があるからこそ、そこに大事なものが流れ込む。

 

トレードも同じだと思います。

 

だから、僕はトレーダーは出来るだけ情報を遮断したほうが良いと思うんです。

 

そうすれば、必要以上の迷い、恐れはなくなります。

 

余白がないと創造性を失ってしまいますから。

 

余談ですが、僕はこう思うんです。

 

たぶん、たぶん、ですけど、幼稚園児にトレードをさせた方が良い結果になるんじゃないかと、、、(笑)

 

トレードって、そのバランスが難しいですよね(^^♪

 

今日はここまで。

 

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

終値の重要性

こんにちは。KENZOです。 今日、日経平均株価が最高値を更新しました。しかし、日本の物価変動を加味した実質賃金は軒並み減少です。 経済というのは、やはりマクロでみるべきで、やはり、少数の企業が価格を吊り上げる平均ではなく、日経、給与所得の中央値も見ながら判断しないといけませんね。 さて、今日は「終値の重要性」についてお話をしたいと思います。 アカデミーにご入会頂いた方をお話をしていると、「終値」

2000年~3000年の地球とは?

今日は中川昌蔵さんの「運命の法則」という本からこれから1000年かけて地球はどのように変化をしていくのかを紹介します。 僕は20代半ばぐらいからスピリチュアルの本を読み漁りました。今となっては、スピリチュアルという言葉が浸透していますが、当時は本屋にいっても宗教コーナーの一部にポツンと置かれている程度でした。 しかし、色々読んでいくと、スピリチュアルマスターたちが共通して「地球は黄金期に入る」とい

投資家は、なぜ真実を知る必要があるのか?

こんにちは。KENZOです。 今月8日に「プーチン大統領とタッカーカールソン」のインタビューが世界で公開されて以降、日本のメディアが必死になってプーチン叩きをやっているようです。西側諸国が知られたくないことが、たくさんありましたから当然です(^^♪ 僕は「信じる」という言葉が大嫌いです。ただし、親友を信じるなどの「信じる」は別です。 「信じる」という言葉は、つまり、「知らない」とイコールです。「テ

bottom of page