top of page
  • 執筆者の写真KEN H.

ミス日本がウクライナ人のなぞ?


 

こんにちは。KENZOです。

 

先日行われた、2024年ミス日本にウクライナ人のカロリーナさんが選ばれました。

 

カロリーナさんは幼少期に日本に移住し日本国籍を持っていますが、血統は純度100%のウクライナ人です。

 

カロリーナさんがとても美しい方であることは間違いありませんし、もしかすると心は日本人よりも日本人なのかもしれません。

 

しかし、しかし、やっぱりミス日本は純度100%の日本人である必要があるのではないでしょうか?

 

だって、日本人女性の美しさを競う大会ですよね?

 

アメリカ人はアメリカ人の美しさ、中国人は中国人の美しさ、があるように日本人には日本人の美しさがあります。

 

ミス日本は日本人の美しさを競う大会なので、やっぱり日本人女性が選ばれるべきだと個人的には思います。

 

っで、これまた、ウクライナってとこが怪しいんですよね。

 

これ、たぶん、ウクライナは美しい国ですよっていう印象操作であり、こんなとこにもグローバリストの息がかかっているのかもしれません。

 

たとえば、今戦争をしている、ウクライナ(ネオナチス)やハマスは自国の国民を攻撃しているテロ組織なんです。

 

だから、ロシアはネオナチスを攻撃し、イスラエルはパレスチナを実効支配しているハマスを攻撃しているんです。

 

つまり、ロシアもウクライナも国を攻撃しているわけではなく、テロ組織を攻撃しているんです。

 

けっして、ウクライナ人、パレスチナ人を攻撃しているわけではないんです。

 

その証拠にウクライナ人は戦争が起こったとき、出国避難民の約4分の1がロシアに避難しています。

 

普通、攻撃してきた国に避難するでしょうか?本当にロシアがウクライナ人を攻撃しているならそんなことはしないはずです。

 

事実はウクライナ人を攻撃しているのはウクライナ(ネオナチ)で、パレスチナ人を攻撃しているのはハマスなんです。

 

ただ、ハマスは病院や学校に自分たちの基地をつくり、パレスチナ人を盾にしているのでイスラエルも安易に空爆できなんです。だから地上作戦を決行していますし、ウクライナ人に南へ避難せよと警告しているのです。イスラエルはパレスチナ人を開放するために戦っているのです。

 

しかしながら、日本はウクライナを支援し、ハマスとイスラエルに関しては日本だけ中立の立場を表明しました。それ以外の国はハマスをテロ組織をして非難していますが、日本ではなぜかウクライナ・ハマス擁護の報道がなされています。

 

このような報道の中、先日関西ローカルの「そこまで言って委員会」という番組で、関西最高峰の京大の学生に、今の社会情勢の質問をしているコーナーがあり、ほぼ全員ハチャメチャな無知な回答をしており驚愕しました。

 

このようなことを考えると日本人は素晴らしい人種ですが、日本政府はやはり悪党なんです。いえ、極悪国家なんです。

 

トランプは以前、「ジャパンラスト」と発言したことを覚えているでしょうか。それは、「世界の悪党のラスボスは日本である」ということを意味しています。

 

悲しいかなこれが現実です、、、。

 

興味のある方は、一度ご自身で調べてみて下さい(^^♪

 

今日はここまで。

 

ご拝読ありがとうございました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

終値の重要性

こんにちは。KENZOです。 今日、日経平均株価が最高値を更新しました。しかし、日本の物価変動を加味した実質賃金は軒並み減少です。 経済というのは、やはりマクロでみるべきで、やはり、少数の企業が価格を吊り上げる平均ではなく、日経、給与所得の中央値も見ながら判断しないといけませんね。 さて、今日は「終値の重要性」についてお話をしたいと思います。 アカデミーにご入会頂いた方をお話をしていると、「終値」

2000年~3000年の地球とは?

今日は中川昌蔵さんの「運命の法則」という本からこれから1000年かけて地球はどのように変化をしていくのかを紹介します。 僕は20代半ばぐらいからスピリチュアルの本を読み漁りました。今となっては、スピリチュアルという言葉が浸透していますが、当時は本屋にいっても宗教コーナーの一部にポツンと置かれている程度でした。 しかし、色々読んでいくと、スピリチュアルマスターたちが共通して「地球は黄金期に入る」とい

投資家は、なぜ真実を知る必要があるのか?

こんにちは。KENZOです。 今月8日に「プーチン大統領とタッカーカールソン」のインタビューが世界で公開されて以降、日本のメディアが必死になってプーチン叩きをやっているようです。西側諸国が知られたくないことが、たくさんありましたから当然です(^^♪ 僕は「信じる」という言葉が大嫌いです。ただし、親友を信じるなどの「信じる」は別です。 「信じる」という言葉は、つまり、「知らない」とイコールです。「テ

bottom of page