top of page
  • 執筆者の写真KEN H.

「空気を感じ取る」

こんにちは。KENZOです。


今回は「空気を感じる」というテーマでお話をしたいと思います。


僕は昔からKY(空気読めない)人間だとあらゆる人から非難を受けて育ちました。おそらく、病院に行くとなにかしらの診断が下りるかもしれません(笑)


特に、女性の「察してよ」というあの感じ、、。ケーキ全部食べたら、「一口くれないんだ~」って怒るんです。「いる?」って聞かないとダメらしいんです(´;ω;`)


何も言ってこないから、いらないんだろう、というのは間違いなんですね、、、。難しいです。


でも、僕は、人格否定、誹謗中傷でなければ「素直に思ったことを伝える」というのはとても大事なことだし、それが何より「信頼」につながると考えていますので、特に気にしていません。


一昨日、認定トレーダーのKoukiとNZDJPYがロングチャンスだったので、ラインで話をしていて、お互い「もっとグッと上に抜けてからやりたいよね~」というやり取りをしていました。


FXは一番低い所で買って、高い所で売る。それが基本なんです。


では、最も安全な一番低い所、一番高い所とはどこなのか?


それは、直近高値、直近安値のを崩す場所なんです。


だから、注目通貨も基本的にそこを紹介しています♪


でも、そこはロングとショートの節目で、エントリータイミングを間違えると、下位足レベルで一番高いところで買って、一番安いところで売ることになるんです。


だから、いつも僕はトリガーとして「大きな陽線や大きな陰線が出るのを待ってください」とお伝えしています。


もちろん、そこでブレイクエントリーしてもOKなんですが、もっと安全にやるなら、あと1本、2本ろうそく足がグッとその方向に行くのを確認して、「あっ、これはチャートがそっちに行きたがっているな」という相場心理、空気感を感じ取ってほしいんです。


そして、「戻りを待ってエントリー」が理想なんですよね。


また、戻ってくるときも、例えばロングゾーンなら、「ちょっと下に下がったら、すぐに上に上がろうとする」ような「上にいきたい、上にいきたい」というロウソク足の動きを感じ取ってほしいんです。


そういう風に、チャート形状も大事なんですが、細かなロウソク足の動きから察知してほしいんです。


ここは教科書では上手く説明出来ない暗黙知の部分なんですよね。


でも、そういう所が大事だし、経験しないと感覚がつかめない部分でもあるんですよね。


エントリーしたいという感情を少し押さえて、まずは、グッ、グッ、グッという動きを是非とも察知してみてください(^^♪


また、これからロンドン、ニューヨーク、チャート監視して、いいとこあればメールしますね♪


それでは今日も良いトレードを~。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

終値の重要性

こんにちは。KENZOです。 今日、日経平均株価が最高値を更新しました。しかし、日本の物価変動を加味した実質賃金は軒並み減少です。 経済というのは、やはりマクロでみるべきで、やはり、少数の企業が価格を吊り上げる平均ではなく、日経、給与所得の中央値も見ながら判断しないといけませんね。 さて、今日は「終値の重要性」についてお話をしたいと思います。 アカデミーにご入会頂いた方をお話をしていると、「終値」

2000年~3000年の地球とは?

今日は中川昌蔵さんの「運命の法則」という本からこれから1000年かけて地球はどのように変化をしていくのかを紹介します。 僕は20代半ばぐらいからスピリチュアルの本を読み漁りました。今となっては、スピリチュアルという言葉が浸透していますが、当時は本屋にいっても宗教コーナーの一部にポツンと置かれている程度でした。 しかし、色々読んでいくと、スピリチュアルマスターたちが共通して「地球は黄金期に入る」とい

投資家は、なぜ真実を知る必要があるのか?

こんにちは。KENZOです。 今月8日に「プーチン大統領とタッカーカールソン」のインタビューが世界で公開されて以降、日本のメディアが必死になってプーチン叩きをやっているようです。西側諸国が知られたくないことが、たくさんありましたから当然です(^^♪ 僕は「信じる」という言葉が大嫌いです。ただし、親友を信じるなどの「信じる」は別です。 「信じる」という言葉は、つまり、「知らない」とイコールです。「テ

bottom of page