top of page
  • 執筆者の写真KEN H.

「感情の正体とは?」


 

こんにちは。KENZOです。

 

僕たちの、楽しい、嬉しい、感謝、怒り、憎しみ、嫉妬などの感情はどこからやってくるのでしょうか?

 

多くの人は、例えば、希望通りの結果になった時に「嬉しい・満足」という感情が湧き上がるという風に考えます。つまり、目の前で起こる何かによって「感情」が出現すると考えます。

 

しかし、真実は違います。

 

では感情の正体は何なんでしょうか?

 

それは、感情とは周波数に名前を付けただけに過ぎないのです。例えば、〇〇ヘルツは「感謝」。△△ヘルツは「怒り」という風に。

 

以下の画像は22段階に分けた、周波数ごとの感情を表しています。これは「エイブラハム感情の22段階」と言われる表です。




 

感情の周波数は22段階あり、いわゆる鬱(うつ)病は最下層22番目の周波数帯になります。

 

この周波数帯で生活をすると、願望が実現しないのはもちろんのこと、ネガティブなことが目の前でどんどん起こります。

 

逆に最高位の1段階目(喜び・気づき・自由・自信・愛・感謝)の周波数帯になると、世界のすべてがキラキラ輝きはじめます。

 

なぜ、昔から「感謝」が大切だと言われるのかがこれでわかると思います。

 

基本的に周波数(バイブレーション)を上げると、何もしなくても勝手に感謝の気持ちが湧き上がります。つまり、「幸せはどこにありますか?」と言われれば、「常に目の前にあります」と答えるしかないんです。

 

瞑想や禅は、バイブレーションを意図的且つ直接的に上げて「良い感情」を生み出す正攻法です。強制感謝は「感謝」することはバイブレーションを上げる逆からのアプローチになります。

 

以前、僕は不登校児のサポートをしようと試みたことがあります。それを別の塾の先輩に相談したところ「持っていかれるからやめておけ」と警告を受けました。

 

「持っていかれる」とは、周波数は共鳴してしまうので、周波数が低い人に近寄ると、自分もそうなってしまう可能性があるという意味です。

 

それを考えた時に、自分自身で周波数をコントロールできるようになってからにしようと考えを改めた経験があります。

 

なぜなら、その仕事をするなら、僕が彼らの周波数に影響を与えてあげないと物事が解決しないからです。僕が影響を受けているようでは仕事にならないんです。とても難しい仕事だと思いました。

 

そう考えると、「叱る教育」「強制する教育」というのは、周波数を下げるので、アプローチとしては逆効果になる可能性があります。

 

周波数さえ上げれば、だれも悪事を起こそうという気持ちが湧き上がらないんです。だから、例えば、街から犯罪をなくすには、どうすれば街全体の周波数を上げることが出来るのかと考えるのが最も効率的です。

 

食べ物を変えるというアプローチもあるし、街全体に緑を設置する方法もあります。肉やジャンクフードは周波数を著しく下げます。

 

また、アメリカのどこかの州では、落書きを全部消したところ、犯罪が激減したそうです。

 

周波数を自分自身で上げるというのは努力が必要です。

 

だから、簡単に上げることが出来るマシーンが出来れば世界が平和になるので嬉しいですね~(笑)

 

 

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

終値の重要性

こんにちは。KENZOです。 今日、日経平均株価が最高値を更新しました。しかし、日本の物価変動を加味した実質賃金は軒並み減少です。 経済というのは、やはりマクロでみるべきで、やはり、少数の企業が価格を吊り上げる平均ではなく、日経、給与所得の中央値も見ながら判断しないといけませんね。 さて、今日は「終値の重要性」についてお話をしたいと思います。 アカデミーにご入会頂いた方をお話をしていると、「終値」

2000年~3000年の地球とは?

今日は中川昌蔵さんの「運命の法則」という本からこれから1000年かけて地球はどのように変化をしていくのかを紹介します。 僕は20代半ばぐらいからスピリチュアルの本を読み漁りました。今となっては、スピリチュアルという言葉が浸透していますが、当時は本屋にいっても宗教コーナーの一部にポツンと置かれている程度でした。 しかし、色々読んでいくと、スピリチュアルマスターたちが共通して「地球は黄金期に入る」とい

投資家は、なぜ真実を知る必要があるのか?

こんにちは。KENZOです。 今月8日に「プーチン大統領とタッカーカールソン」のインタビューが世界で公開されて以降、日本のメディアが必死になってプーチン叩きをやっているようです。西側諸国が知られたくないことが、たくさんありましたから当然です(^^♪ 僕は「信じる」という言葉が大嫌いです。ただし、親友を信じるなどの「信じる」は別です。 「信じる」という言葉は、つまり、「知らない」とイコールです。「テ

bottom of page